企業内トレーダーのほうが勝ちやすい?

FXトレーダーの90%が負けてしまうと噂されていますが、現に負けやすいです。自分でやったら負けてしまうから、いっそのことトレーダー求人に応募して企業内トレーダーになったほうがリスクが減るのではないか。

 

企業内トレーダーであれば、取り扱い金額が大きくなり、その取り分の中から報酬も支払われるなどします。自分の口座でする分には企業と比べてどうしても資金で負けてしまいます。トレードにおいても資金の大きいほうが幾多の投資手法を使えて、バリエーションが増えることからも、資金が集まったほうが勝率が高まります。

 

企業内トレーダーになるにはそれまでの投資成績を提示し、これは当然勝っている必要はありますが、月々の給与所得が伴うことからも安全度が高まります。個人トレーダーをやっていて、その後企業内トレーダーになるのを検討してはどうでしょう。

 

FXの取引で負けた場合でも何かを学ぶことができるので無駄ではありません

FXの取引をする目的は人によって違いますが、大多数の人はお金をたくさん儲けたいという目的があります。そのため誰もがFXの取引をして利益を出したいという思いを持っていますが、予知能力を持っている人でない限り、FXのすべての取引で利益を上げることはできません。

 

そのため誰でもFXの取引をして損失を出すという経験をすることになります。

 

しかしFXの取引で負けた場合でも何かを学ぶことができるので無駄ではありません。特にFXの取引を始めたばかりの初心者の人はなかなかうまくいかず取引で負けてしまう場合も多いです。

 

しかしFXの負け取引で何が原因で負けたのかということを分析することによって次の取引に活かすことができ、それによって次の取引で勝つことができれば、負けた取引も無駄ではなくなります。

 

私も取引で負けたときは必ず何が原因で負けたのかを分析して、今後の取引に活かすようにしています。