トレードに費やすコストとは

FXをするにはお金が必要ですが、どれくらい掛かるのでしょうか。

 

FXには「証拠金」が必要です。これは1万円+一定額によって決まりますが、FX会社によって異なります。
一定額の部分はドルに対して円がどれくらいなのかによって決まります。
証拠金以上のお金がない場合、取引はできません。足りなくなったら追加で資金を入れなければいけません。

 

一部口座では口座維持費が掛かります。
ほとんどの所は口座を持つだけなら無料ですが、一部FX会社は口座維持費を年1回支払わなければいけません。
有料のところが嫌な方は無料のところで口座を作りましょう。

 

取引中に発生する手数料も払わなければいけません。
額が少ないところと多いところがありますので、比較して安いところを選ぶといいでしょう。
手数料は色んなところに掛かってきますので、取引前に確認することをお勧めします。

 

FXをする際には、余裕をもった金銭が必要です。

 

FXのいい点とは

FXって何がいいのか。初めのうちはわからないと思います。FXを始める前に、どの点が優れているのか知っておきましょう。

 

FXのいいところは、他の投資と違い口座維持費が掛からないことです。

 

インターネットの株式売買は、口座維持費を要求されるところがほとんどですが、FXサイトの大半は、口座維持費が無料となっています。余計なお金を払わずに済むのがポイントです。

 

また株と違い、売買したときの手数料が掛かりません。手数料が掛かるのは、購入して1日持ちこした際に発生するスワップと呼ばれるものだけで、それ以外の手数料は一切掛かりません。

 

必要なお金が少なくて済むのもメリットだと思います。5万円もあれば始められるので、投資初心者の方でも安心です。そしてドル円の単純な売買を繰り返すだけで、利益を上げることが出来るのです。経済に強い方なら、必ず利益を生むことが出来るでしょう。